トップページへ

リーダーになる人に知っておいてほしいこと

phas.jp » book » リーダーになる人に知っておいてほしいこと

leader.jpg

リーダーになる人に知っておいてほしいこと

打ち合わせと打ち合わせの間にぽっかり
時間が空いてしまったので、
フラッと寄った本屋で衝動買いして
しまった本。

最近、社内のマネージャーの悲痛な?叫びをよく耳にします。
僕は中間管理職という言葉がすごく嫌いです。
仕事に中間もへったくれもないから。
すごくネガティブに聞こえる。

でも大変な気持ちもわかる。
この本は「社長になる人に知ってほしいこと」と2部構成で出版されているのですが、
社長よりリーダーの方を読んだ方が、
マネージャーの悩み解決できるかもしれないという
安易な考えで読んでみました。

内容は松下政経塾で松下幸之助が語った言葉を
まとめたものです。

1章1章松下さん流のわかりやすい言葉で語られています。
1時間ほどあれば読めるので、空き時間にちょっとずつでも
すぐ読み終わります。
でも、内容はかなり深く本質をついたものだと思います。

下記、気になった章の抜粋です。

誰の言うことでも一応は素直に聞く。いいなと思ったら素直に取り入れて実行する。
考えても答えの出ないものはある。しかし志のある人は、歩いて尋ねて教えを請い、いずれ答えを出すだろう。自分から進んで学ぶ。教えてくれるなどと思ってはいけない。
自分で選んだ道において、まず成功のコツをつかむまで努力をやめないこと
社長というのは、心配するために存在している。それが運命であり、宿命であり、さらには生きがいであると思えないようなら、やめた方がいい。
自分にとってはつまらない仕事でも、それが世の中の役に立っている。必要のない仕事などどこにもない。それは人も同じである。


ちなみに松下さんに関する本は、
何冊か読んでますが、やはり格言的な本質を書いた本が
多くへこんだときや自分を見直したいときに役に立ちます。

マネージャーの悩みの解決に役に立つかどうかはわかりませんが。。。

ジョブズ VS. 松下幸之助 ”言葉力”で人を動かす道をひらくを読んできましたが、
まだまだたくさん出版されているので、今度まとめて読もうと思います。


もう一冊も今度読んでみます。

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ