ヴィム・ヴェンダースからBauhaus Museum

BA1.jpg

翌日は、ホテルのあるミッテ地区から少し離れて、
いろいろ観光。
まずはヴィム・ヴェンダースの「ベルリン 天使の詩」で登場した
戦勝記念塔 (Siegessäule)へ。
イタリアで見たスペイン広場はあまり感動しなかったが、
ヴィム・ヴェンダースの映画で見たものを生で見れるというのは
ちょっとした感動でした。

BA2.jpg

そして次は当初フランクフルトへ行く予定を急遽ベルリンにした
最大の理由であるBauhaus Museumへ。
思ったほど規模は大きくなかったが、現代のモダンデザインの潮流を
作った学校の歴史などを見れていろいろ勉強になりました。
受付のおばちゃんもとてもよい感じの人です。

BA3.jpg

Bauhaus Museumから徒歩で10分ほどで、
次の目的地、新ナショナルギャラリーへ。
1階中央にはこれでもかと言わんばかりの奇怪なオブジェが
あり、やはりアートはわからないなと思いつつ、1週してカフェで一休み。
カフェのお姉ちゃんが怒っているみたいで、なんか怖かった。

美術館に行くたびに神妙な顔をして見ているお客さんたちは本当に
アートを理解しているんだろうかと不思議になる。
自分が勉強不足なだけだろうか。

date:2011年07月10日 03:12