cocos2dでアニメーション

とりあえず、アニメーションから。
適当なイメージを読み込んで動かしてみる。
使い方はFlashみたいな感じでした。

新規プロジェクトから「cocos2d Applecation」を選択。
この状態でビルドすると、Hello Worldが表示されるだけのアプリケーションが
できるので、今回は、勉強なんでHelloWorldScene.mを編集することにしました。

cocos1219-1.jpg

適当な画像を作って「Resources」フォルダに登録。
今回はただの白い四角をsquare.pngというファイル名で登録

cocos1219-2.jpg

HelloWorldScene.m内の
// on "init" you need to initialize your instance
というコメントの中を変更していきます。
とりあえず、中に書いてあるHelloWorld関係の文字は全部削除。
で下記を追加。
だいたいCCではじまるクラス名みたいです。SpriteとかaddChildとかでてきて、
Flashみたいで安心する。


これだけで画面の端まで動くアニメーションが完成。
で複数のアクションを組み合わせて使うには、CCSequenceのactionsメソッドでactionクラスを登録して実行します。
CCSequenceの場合、actionB1の動作が完了後、actionB2の動作がはじまるようです。
同時にいろんな動作をさせたいときは、
CCSequenceをCCSpawnに変更すればOKみたいです。




しかし、すげぇ簡単に書ける。
他にもいろんなactionが用意されていて便利です。
CCEaseInとかもあるし。Tweenerみたいと思いつつ、とりあえず今日はこんだけ。
cocos2d action
こういうのを先に勉強しないで、ちゃんとOpenGLとか勉強しないとと思いつつ、
これはこれでいろいろ楽できそうなんで引き続き勉強しようと思います。

date:2010年12月19日 22:13