cocos2dインストール

たいぶ、放置気味になってしまったブログをちゃんと
つづけようかと思って、ぼちぼち今勉強しているiphoneアプリ関係のことから
書いてメモっていきます。
歳なのか、どうも勉強しても、勉強した側からいろいろ忘れていくので、
やっぱりこうやって自分でまとめていかないと頭に入ってこないみたいです。

最近教えてもらったcocos2dというフレームワークを使ってみました。
まずはインストールから。

cocos2dは、ゲームを作るための作業、物理演算とかサウンド管理とかが簡単に
できるというフレームワークみたいです。
FlashではおなじみのBox2dとかも使えます。

超初心者なんで、まずはインストールするところから。

まずは、cocos2dのサイトからファイル一式ダウンロードしてきます。
ちなみに現段階でのバージョンはv0.99.5でした。

次にダウンロードしたファイルを解凍すると、
「install-templates.sh」というファイルがあるので、
これをターミナルから実行します。
cdコマンドでダウンロードしたファイルのディレクトリを指定し
(ターミナルの中にフォルダごとドラッグ&ドロップでOK)、
次にsudoコマンドでinstall-templates.shを実行します。
sudoコマンドを打つとパスワードを求められるので、
自分のPCのパスワードを入力。

すると、わらわら訳のわからない文字が出てきますが、
copyingなんとかと出ていればOKみたいです。

terminal.jpg

で、Xcodeを立ち上げて、新規プロジェクト作成画面で、
下記のようにUser templatesの箇所にcocos2d用のテンプレートが出てきていれば、
完了です。

cocos2s_template.jpg

アイコンがおちゃめな感じです。
使い方は別のエントリーでまとめます。


date:2010年12月19日 20:58