電子書籍の衝撃

電子書籍の衝撃

denshishoseki.jpg

佐々木俊尚さんの著書、
はじめてiPhoneで本を読みました。

iPhoneで本を読むという行為がどうなんだろう??と
懐疑的ではありましたが、試してみると意外と苦になりません。
ディスカバー社のデジタルブックストアからダウンロード購入ができます。
AmazonのKindleが300万台以上売れ、つい最近発売されたいPadが
1か月で100万台以上売れ、電子書籍時代の幕開けと言われています。
日本でも本を1冊100円でスキャンするサービス「BOOKSCAN」が
リリースされ話題になりました。
これから日本でも本格的に電子書籍のマーケットが発展しそうです。


・今後の電子書籍のハードは、kindleかiPadに集約されていく
iPadは汎用機、Kindleは専用機

・iPadの有利な点
・汎用機としての魅力
・iPhoneアプリが動く
・iPhoneとiPadは同じ操作性

・iPadが不利な点
・バッテリーの長さ(Kindleは1週間、iPadは10時間程度)
・バックライト付きフルカラーである点(本を読むときはイーインクの方が適している?)
・価格(Kindleの方が安い)

・決め手はプラットフォーム
・人気書籍をいかに多く、ラインナップしているか
・読者が読みたい本をきちんとリコメンドできる
・より簡単な方法で本の入手ができる

・書籍はアンビエント化する
持ち運びや流通などの物理的制約がなくなっていく

・情報のマイクロコンテンツ化
パッケージに基づいて読むスタイルから自分の好みに合わせた拾い読みするスタイルへ

・ディストリビューターの広がり
書き手と電子ブックの間に入って電子ブック化のお手伝いをするサービス登場
関連リンク:アメリカ、Smashwords

・アマゾン、アップル、Googleの3つ巴
グーグル電子書籍販売「グーグル・エディション(Google Editions)」の開始が発表され、
Kindle、iPad、Google Editionの3つ巴になる。
KindleとiPadは垂直統合、Google Editionはオープン。
関連リンク:Google、「Google Editions」で電子書籍販売に参入

・セルフパブリッシングの時代
出版社を通さなくても出版ができる。
関連リンク:CreateSpace
個人向けの書籍のオン・デマンド出版サービス

・マスモデルの崩壊
個人の好みが細分化されていく
記号消費(マスメディアが作り出す消費)の終焉

・ソーシャルメディア
ソーシャルメディア内のコンテキストを介して、本と読み手が出会う


佐々木さんの本は、要点がうまくまとめられていて、読みやすい。
ネットで得た断片的な内容をうまく整理し、復習するのにぴったりな本ではないでしょうか。
もうすぐ日本でもiPadが出るし、いろいろ楽しみでなりません。
今後の電子書籍市場は要注目ですね。

date:2010年05月08日 13:02

ネット上の自分まとめ

GWはソーシャルアプリをいろいろ弄んで、
mixiアプリの作り方なんかを研究していたんですが、
最初はそれほど興味がなかったんですが、
確かに中毒性があるなぁという印象。

どちらかというと僕は作り手側にいるので、
あまりはまることはないだろうと思っていたのですが、
facebookのfarmvilleというゲームをやってみて、
意外とはまってしまった。
このゲームをやることで、気軽に友人にゲームと通してコミュニケーションを
とることができるし、ちょくちょく暇さえあれば、見てしまうという気持ちがわかります。

今年2010年はソーシャルマーケティング元年と言われ、
ソーシャルアプリ、Twitterなどのサービスが盛り上がっているので、
いろいろ勉強しなくてはと思い、GW中にいろいろ整理をしてみました。


▼とりあえず、いまやっているもの。

Twitter
このBLOGにもFolloow meボタンを追加してみました。
一番、更新頻度高いです。
iPhoneを持っているとつい見てしまいます。このサービスのせいで
スキマの読書時間が減りました。
ただ、ベンチャーの代表の方やデザイナーさんなど
自分の仕事に役に立つ情報を呟いている方もたくさんいるので、
日々勉強させてもらっています。
情報としては一番はやい、でもつぶやきが大量なので情報を受け流すスキルも必要かと。

Tumblr
ミニブログと言われるサービスですが、自分のブログもあるので、
少し使い方を変えて、イメージのブックマーク的なものとして利用しています。
Firefoxのアドオンをいれると気軽にPOSTできるので、デザイン時のインスピレーション的な
ものをStockしていくものとして利用しています。
他にもいろいろ使い方ありそうだけど、まあそれはそれで。

facebook
英語の先生に誘われて入ってみたものの、あまり利用していないですが、
今後、もう少し活用していきたいと思います。
ただ日本の人があまりいないようで、どこまで使えるかは微妙な感じ。
ただfacebookアプリの出来は非常にいいので、いろいろ試せればと。
実名で登録しているので、適当に探してもらえれば見つかると思います。


mixi
かな~り昔に登録したアカウントがあったので、
アプリ開発用に復活させてみました。
マイミクは全然いませんが・・・。さみしい。
知らないうちにいろいろ機能が増えているようで、これからいじくろうと画策中。

gree
ほぼ放置。とりあえずアカウント残っていたんで、
見てみたら、結構変わってた。Greeはモバイルの方が使えるんですかね?


delicious
ソーシャルブックマークは最近、利用頻度が恐ろしく減ってきている気がします。
一応はてなブックマークと両方アカウント持っているんですが、
いったん統一して作り直すことにしようと考え中。

で、このブログ。
MovableTypeじゃなくて、WordPressにしたい。
こんなもんかな、いまいじっている主要なサービスは。
モバゲーとかもアカウント持ってたけど、忘れた。

こういうのはプロフィールページ作ってそこにまとめればいいのかしら?
1年後に使っているサービスはどれか?いまから楽しみです。

date:2010年05月05日 10:35

facebook

facebook.jpg

facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男

とってもひさしぶりの更新になってしまいました。
つい、Twitterの方が気軽なので、ブログの更新がおろそかに
なってしまいがちですが、細く長くこのブログも
続けたいと思います。

昨年、米国でGoogleのアクセスを抜いてしまった巨大SNS「facebook
参考:Facebook、Google抜き米国でアクセス数1位に
全世界で4億人のユーザーがいるといいます。
Microsoftの時代からGoogleの時代へ、そしてfacebookの時代へと
変わろうとしているという意見をよく聞きます。

日本でもソーシャルアプリが空前のブームのようで、ネット業界のベンチャーが
こぞって参入しているようです。
ただし日本ではfacebookは徐々にユーザー数を増やしているようですが、
mixiやgree、モバゲーなどが主要SNSとしてなっています。


この本は、そんなfacebookの起業から現在に至るまでのドキュメンタリー本です。
ハーバード大学の学生であったMark Zuckerberg氏がどのようにfacebookを
立ち上げ、巨大化していくfacebookの裏側でどのようなドラマがあったのかを
知ることができます。

サービス立ち上げ時のドキドキワクワク感あり、
会社をやっているとよく聞く、創業者や経営陣の不仲、決裂など、
お金に絡んだ生々しいエピソードもあり、ほんの数年で巨大なSNSをつくりあげたストーリーは読んでいてあきません。


ビジネス的に役に立つかどうかは別として、
若干23歳の青年が作り出すfacebookという世界を作りだす過程を知る1冊の小説としても非常に楽しめる1冊です。
昔読んだ、「Google誕生」という本を思い出しました。
こちらはGoogleの誕生秘話のドキュメンタリーです。

自分が起業したときの熱い思いを忘れかけているなと思う方は、
読んでみるといいかもしれません。自分もやってやる!という気持ちが
再び湧いてくるかもしれないですね。

ちなみに僕も英語の先生に勧められてfacebookをやっていますが、
ゲームくらいしかやっていません・・・。今年はもう少し積極的にSNS的なものを
使っていこうと思います。

tag: ソーシャル書評

date:2010年05月05日 10:02