自己プロデュース力

自己プロデュース力

shimadashinsuke.jpg

最近、twitterにかまけて、
ブログの更新が滞りがちなので、
読んだ本がたくさんたまってる。

休みを利用して、全部ブログにアップしてしまおうと
思い、シコシコ書いています。

最近は初心に戻って、
ビジネス書の基本中の基本である成功者の本を
中心に読み進めていっています。

まずは島田紳助さんの本。
前に読んだメガヒットの「からくり」にも島田紳助の個人マーケティングの
お話がありましたが、これはそれを紳助自身が語ったもの。

この本は、NSCで行われた島田紳助さんの特別講義を
あらためて書籍で発売したもの。
NSCはお笑いの学校なので、ビジネスとはだいぶ違うかもしれませんが、
考え方や、世の中の見方なんかは参考になるかもしれません。

さすがに紳助だけあった話の進め方がとてもおもしろい。
最初に努力と才能の話。

才能:5×努力:1=5
才能:3×努力:5=15
すなわち、努力の仕方が間違っていなければ、上へいける。

X+Yの公式で考える。
X:自分ができること、自分の能力+Y:世の中の流れ
この2つを知ってから悩む。でないともし仮に売れたとしても、Yの力だけで
売れているため、一発屋で終わる。

他にもテレビで売れるには?の章では、
「細部を熱く語るトリック」で、さも詳しいように見せる方法、
日常の出来事を「頭ではなく心で覚える」ことで、一生忘れないネタにする。

さらに最後の方の章で、
5の努力をすれば5の筋力がつく。
5の筋力がついていれば、この世界でダメでも、他の世界で必ず成功するという
くだりがあります。
これはいいこと言うなぁと感心です。

などなど。紳助ならではのノノウハウがぎっしりな感じです。

でも文中に紳助は本も新聞もほとんど読まないとありました。
のでこの本を読んでいる時点でダメかもしれませんね・・・。

date:2009年09月22日 00:35