成功はゴミ箱の中に

seikouha.jpg

成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝
―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者

いろいろへこんでいたら、
知り合いの社長さんに、
そんなんでへこんでいる場合じゃないよ。
マクドナルドの創業者はそれどころじゃなかったんだよ!
というわけのわからない薦められ方をして
借りてきた本。

僕もたくさんお世話になっているマクドナルド。
フィレオフィッシュがうまいです。
朝のホットドッグは完全にドトールの勝ちですが。

そんなマクドナルド本社の創業者の自伝小説。
日本マクドナルドの藤田さんも有名ですが、
この本の帯のユニクロの柳井さん、ソフトバンクの孫さんの推薦書です。

成功はゴミ箱の中にというタイトルは、
中盤の「競合他社にスパイに行くくらいなら、そこのゴミ箱を漁れ。そうすれば競合他社の売上がいくらで、どれくらい儲かっているかがわかる。」というところから来ているもの。

そもそもこのレイクロックという人、
セールスマン、ピアノ弾きを経て、
52歳でマクドナルドをはじめたということで、
すさまじい勢いで成長をしていたんだということがわかります。
しかも尋常じゃない働きっぷり。
これだけのバイタリティと信念を持って仕事に臨むべきというのが、
伝わってきます。
この人の10分の1でも頑張れれば、すごいことになりそうな気がします。

ビジネス書として具体的にああしろ、こうしろということはありませんが、
これだけ誰もが知っている会社を作り上げた人がいかにしてビジネスを築いてきたかが、
わかる貴重な本だと思います。
あとがきの孫さんと柳井さんの対談も読んでいて勉強になります。
趣味が仕事でなにが悪い的な柳井さんのコメントが素敵です。

おまけにフィレオフィッシュやアップルパイの誕生秘話なんかも
知ることができます。

この本を読むと自分が悩んでいることなんて、ちっぽけに思えてきて、
元気になってくるから不思議です。


少しだまされた気もしますが、読んだあとはすっきりでした。

date:2009年08月29日 01:46