ユニクロ・柳井正―仕掛けて売り切るヒット力

uniqloyanai.jpg

ユニクロ・柳井正―仕掛けて売り切るヒット力

最近黒い表紙の本を
たくさん読んでいる気がします。
どうも、書店で本を実際に見ながら買うと
自然と黒い表紙の本を選んでいるようです。

昨今、WEB界隈でも、経済紙界隈でも
一躍勝ち組企業になったユニクロさんの本。
社長さんの柳井さんにフォーカスして、
結構厳しいことも書きつつ、ユニクロを解剖した本です。

外側から見ている部分も多く、現在ユニクロの社内がどうなのか
というのは社員の方にしかわからないのだろうけれど、
経営者の方が読むと元気になる本だと思います。

昔、「一勝九敗 (新潮文庫)」という本を読んだときも感じましたが、柳井さんのような精神力を
もっていないと、経営者は成り立たないんだろうかと悩みます。


おそらくかかれているものを読む分には、それほど実感できないのだけれど、
実際自分の会社で同じような状況に置かれると考えると背筋が凍ります。

悪いときのユニクロの復活劇、海外店舗の方向転換、
自分が指名した社長を引きずり降ろして自ら再度返り咲く決断などなど、
経営者として修羅場をくぐりまくっている感じです。

ユニクロの創業時から、苦戦している時代、SPAに移行するまでの道のり、
フリースでブームを作ったあとのユニクロの裏側など、よく調べられていて、
表から見ているだけではわからない大変さと、それをリカバリーしてきた方法が
よくわかります。
また今後のユニクロの課題である大企業病の払拭、柳井さんの築いた文化を
いかに柳井さん引退後も継続させるかなど、問題点も指摘されていておもしろい。

自ら1兆円という目標を掲げ、ここまで巨大な企業になっても、
ベンチャーという意識を持ち続けることが大切ということが書かれています。

すぐに参考になるかどうかは置いておいて、自分を奮い立たすのに
役に立つ本かもしれません。

早く失敗して、早く考えて、早く修正する

これは正しいかどうかは別として

人材は自ら育ってくるべき、のぼってくるべき・・・

tag: 書評

date:2009年08月04日 02:20