成功はゴミ箱の中に

seikouha.jpg

成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝
―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者

いろいろへこんでいたら、
知り合いの社長さんに、
そんなんでへこんでいる場合じゃないよ。
マクドナルドの創業者はそれどころじゃなかったんだよ!
というわけのわからない薦められ方をして
借りてきた本。

僕もたくさんお世話になっているマクドナルド。
フィレオフィッシュがうまいです。
朝のホットドッグは完全にドトールの勝ちですが。

そんなマクドナルド本社の創業者の自伝小説。
日本マクドナルドの藤田さんも有名ですが、
この本の帯のユニクロの柳井さん、ソフトバンクの孫さんの推薦書です。

成功はゴミ箱の中にというタイトルは、
中盤の「競合他社にスパイに行くくらいなら、そこのゴミ箱を漁れ。そうすれば競合他社の売上がいくらで、どれくらい儲かっているかがわかる。」というところから来ているもの。

そもそもこのレイクロックという人、
セールスマン、ピアノ弾きを経て、
52歳でマクドナルドをはじめたということで、
すさまじい勢いで成長をしていたんだということがわかります。
しかも尋常じゃない働きっぷり。
これだけのバイタリティと信念を持って仕事に臨むべきというのが、
伝わってきます。
この人の10分の1でも頑張れれば、すごいことになりそうな気がします。

ビジネス書として具体的にああしろ、こうしろということはありませんが、
これだけ誰もが知っている会社を作り上げた人がいかにしてビジネスを築いてきたかが、
わかる貴重な本だと思います。
あとがきの孫さんと柳井さんの対談も読んでいて勉強になります。
趣味が仕事でなにが悪い的な柳井さんのコメントが素敵です。

おまけにフィレオフィッシュやアップルパイの誕生秘話なんかも
知ることができます。

この本を読むと自分が悩んでいることなんて、ちっぽけに思えてきて、
元気になってくるから不思議です。


少しだまされた気もしますが、読んだあとはすっきりでした。

date:2009年08月29日 01:46

こいつは欲しい

これはいい。欲しい。
数字を使わない時計「QLOCKTWO」。
金額は、885ユーロ。
ってことは、1ユーロ130円計算で、115,000円くらい。
こいつのオプションのフロントパネルがまたいい感じなんですが、95ユーロ。
日本円にすると、12,350円。

どう考えても高すぎる。
計算間違ってるかな。

ドイツ語版とかイタリア語版とかスペイン語版とかいろんな言語があったけど、
日本語版は残念ながらありませんでした。
というかそもそもできないんだろうけど。

でも、オフィシャルのiphotoアプリがあるようなので、
それで我慢しようと思います。

というか普通にFlashとかで作れそうな気がします。
でもやっぱりやったもん勝ちですね、こういうのは。

date:2009年08月26日 01:31

ロンドン最終日

最終日は昼間の飛行機だったんですが、
少し早目に飛行場に行かないといけないということだったので、
このまま帰るのはなごり惜しいので、
朝早起きして、ホテルのまわりの街並みを見てきました。
本屋さんがかわいかったんですが、
さすがに朝早すぎて閉まってました。

P8151778.jpg
P8151784.jpg
P8151808.jpg
P8151880.jpg
P8151748.jpg

date:2009年08月20日 02:12

ロンドン4日目 マーケット

午前中疲れてホテル戻って、再度外出。
最初はICAギャラリーに行こうと思っていたんですが、
ロンドンに来たら、絶対マーケット(ノミの市)にはいくぞと
ガイドを読みながら心に誓っていたのですが、
いきたかったカムデンロックマーケットとノッティングヒルのポートベロー・マーケットには
行こうと思っていたのに、
これらは土日のみ開催ということで泣く泣くあきらめ、
ボロウ・マーケットに行くことに。

ロンドン・ブリッジ近くで開催されている小じんまりとしたフード・マーケットでした。
一緒に行った彼女はカンガルーバーガーがうまいと言っておりました。
僕はFISH&CHIPSが食べたくて、FRESH CHIPSというメニューを買ったら、
ただのフライドポテトだけが出てきてなえまくりました。

london_7.jpg
london_8.jpg

でそのマーケットのすぐ近くにある、
ブリジットジョーンズの日記で出てきたフラット。
期待していった割には、割と普通な感じだった。

london_9.jpg

その後、TAXIでコヴェント・ガーデン内にあるアップルマーケットに行ったんですが、
ただの観光地化しててあまりおもしろくなかった。
なんだか上野の安売り屋みたいなのがいっぱい並んでいただけで、
目ぼしいおみやげも見つからず残念な感じです。
でもなんだか変な大道芸人だけは大人気で拍手喝采でした。

london_10.jpg

その後はアンティーク・マーケットっぽいところにいったんですが、
時間が遅すぎてほとんどのお店がしまっていて、やる気ない感じだったので、
早々に立ち去って、M&S
いろいろ晩飯用にパンやらチーズやら海老やらを買いこみホテルに帰還。
でも帰り道の町並みがすごく良くて、やっぱりヨーロッパの街はいいなぁ~と思うばかりです。

london_11.jpg
london_12.jpg
london_13.jpg

date:2009年08月20日 01:52

ロンドン4日目 バッキンガム宮殿

ちょっと日が空いたがとりあえず旅行の写真をまとめようと
思いロンドンの続き。

4日目はとりあえず、
1年に一定の期間しか公開されないというので、
バッキンガム宮殿は見ておかないとということで、
おのぼりさん的ではありますが、バッキンガム宮殿にいってきました。

日本の皇居にはまったく興味がなかったのですが、
イギリスの王室はなんだか素敵な感じでした。
london_1.jpg
london_2.jpg


バッキンガム宮殿のだだっ広い庭を抜けて
少し歩くとウェストミンスター宮殿。
ちょっと工事中だったんですが、ビッグベンがすばらしかった。
石でここまで作るかという感じ。
世界有数の美しい建物と言われるだけはあります。
どうも僕はゴシック調な建物が好きらしい。

上部のトゲトゲしい感じに興味をひかれます。
しかし、観光客が大量で、さすがに疲れたので
いったんこれでホテルに戻りました。

どうも午前中少しがんばるとすぐに疲れてホテルで休憩後、
午後少し回復してからまた出掛けるというのが、僕の観光パターンなようです。
普段より少し早起きなのもあるかもしれません。

london_3.jpg
london_4.jpg
london_5.jpg
london_6.jpg
london_6_2.jpg
london_6_3.jpg


date:2009年08月20日 01:26

ロンドン3日目 テート・モダン~セント・ポール大聖堂

バトラーズ・ワーフのテムズ河沿いのイタリアンで、
今回旅ではじめてのサラダを食し、
タクシーで次の目的地、現代美術のミュージアム「テート・モダン」へ。
もともと発電所だったところを改装した建物らしく、
おそろしく巨大なスペースで、2000年OPENということで
すごいきれい。建物の外側は元のまま、
中身だけごっそり超モダン建築にした感じ。

実家は画廊だというのに、現代美術がなんたるかは
一切わからないのですが、
エド・ルシェという人の作品は広告っぽくて、
なかなかクールな感じでした。
とても現在72歳の人の作品とは思えません。

P8131006.jpg

ミュージアム内のDonationBoxがかわいかった。
最初ゴミ箱かと思ったら、巨大な募金箱だった。
P8131003.jpg

でせっかくなので、テート・モダンのすぐ前のミレニアム橋を渡った
すぐ正面にあるセント・ポール大聖堂へ。
ナイチンゲールなどが埋葬されているらしい。
こういう歴史的な建物がそこかしこにあって、かつそれが
街に馴染んでいるところが素晴らしい。
こういうのを見ると東京もここまでこだわって都市を作れば、
それだけで観光産業が栄えそうな気がします。

信号機もシドニーと同じく、いい感じでした。

P8131119.jpg
P8131094.jpg

とりあえず今日は疲れたので、こんな感じ。
晩飯はHarrodsの地下で昨日食べそびれたごっついチキン。

date:2009年08月14日 06:49

ロンドン3日目 タワーブリッジ~バトラーズ・ワーフ

ロンドン塔を出て、テムズ川沿いを
テクテク歩き、まじ苦いエスプレッソをすすりつつ、
タワーブリッジを鑑賞。
そのまま、タワーブリッジを徒歩で渡るも、
そのタワーに登るには階段しかなさそうだったので、
しんどそうなのでやめました。

P8130821.jpg
P8130812.jpg
P8130848.jpg

タワーブリッジを渡るとコンラン・ショップで有名な
コンラン卿がプロデュースした街と言われている
バトラーズ・ワーフという埠頭を散策。
少し迷子になりましたが、裏道は街並みが古いまま残されていて、
異常にかっこいい。普通のアパートなんだろうけど、
古いレンガ造りの建物がたくさん並んでいて、
絵になりまくりな感じです。

P8130917.jpg
P8130926.jpg
P8130953.jpg

でそこを抜けると、コンラン卿プロデュースの
日用品のデザイン博物館「DesignMuseum」にたどり着きます。
ちなみに館長はジェームス・ダイソンらしい。
入口のチケットを渡すスタッフが相当ふてぶてしい感じの人でした。

ちょうどSUPER COMTEMPORARYという展示をやっていました。
1960年代から現代のデザインを時代別に展示するというもの。

写真はバルセロナ・オリンピックのキャラクターCobiの
作者Javier Mariscalの特集展示のもの。
スペインの人らしいのですが、ファンタジーすぎて僕にはさっぱりです。

P8130966.jpg

date:2009年08月14日 06:04

ロンドン3日目 ロンドン塔

3日目は朝7時に起きて、
スターバックスで朝食を済ませたあと、
世界遺産でもあるロンドン塔へ。

昨日は地下鉄で移動していたんですが、
地下鉄がやたら深くて面倒なので、
タクシーで移動することにした。
やっぱりタクシーは楽チンです。
少しチップの受け渡しがよくわからなくてビビったけど、
適当に渡せばそれでOKらしいということがわかって一安心。

ロンドン塔は昔、処刑場に使われていた場所で、
観光名所になっているようで、朝早くいったにもかかわらずすごい人でした。

P8130646.jpg
P8130655.jpg
P8130700.jpg
P8130727.jpg
P8130736.jpg
P8130748.jpg
P8130802.jpg

ロンドン塔の中のサインがなかなかかわいらしかった。
エントランス位置を平面じゃなくて、立体で描いちゃう遊び心がいいですね。
P8130767.jpg
P8130785.jpg

date:2009年08月14日 05:23

ロンドン2日目

昨日は飛行機で到着したばかりで
時差ボケもあり、グダグダしていたので、
今日は朝から、とりあえず観光名所を
まわる変なウォーキングツアーなるものに参加してみましてが、
なんだか時間ばかりを気にして、
見るものも見れず、最悪な感じでした。
でもホース・ガーズやトラファルガー広場、ロンドン・アイ、ガーキンなど
メジャー観光スポットをチラ見できたのは良かったかなと思いました。

とりあえず、ツアーが終わったあと、
解散場所近くのOxford StのユニクロやMUJIを
見にいってきました。
先日読んだ「ユニクロ・柳井正―仕掛けて売り切るヒット力」で出てきた、
GAPやH&M、ZARAなどのブランドが軒を連ねていました。
ユニクロとMUJIの店舗にも入ってみましたが、
日本ほど活気がなく少し残念な感じでした。
もっとがんばれニッポンという感じです。

でも観光客の持っているカメラはほとんど日本製で
日本の電機製品の強さには感動します。
まだまだ日本ブランドは浸透しているようです。

ホテルに帰り休憩後、夕食とお土産を買いに
高級デパートのHarrodsに言ったら思いのほか楽しすぎてテンションあがりまくりでした。
日本で言うと三越みたいなもんなんでしょうが、
オリジナルグッズなどのセンスがすごく良くて、いろいろしこたま買い込んじゃいました。

その後、デパ地下みたいなところで、夕飯を食べようと物色してたら、
なんか変なお店に入ってしまい、わけもわからず店員のお勧めを注文したら、
キャビアやトリュフがのったバブリーな食べ物が出てきて、
またテンション下がった。
まだロンドンに来て野菜らしきものを食べられていないので、
口内炎ができてきたようです。

でも、やっぱり街並みは素晴らしくきれいで、
住みたくなります。

P8120400.jpg
P8120235.jpg

一番イギリスっぽい門衛の人。
ずっと門の前にじっと立っていて難儀な職業だなぁ~と。
P8120508.jpg

P8120469.jpg
P8120476.jpg
P8120541.jpg

date:2009年08月13日 04:18

London初日

半ば強制的に決行したような今回のロンドン旅行。
前日撮影後、会社に戻り4時まで仕事して、
朝方帰宅し、仮眠とって7時に起きてそのまま成田へ。


成田から11時間半くらいかけて、ようやく到着。
さすがに飛行機の中では爆睡した。
ロンドンはサマータイムなので、時差8時間。
今回はエコノミーじゃなくプレミアムエコノミーにしたので、
少し楽だった。

とりあえず、税関でいくつか質問を受けたが、
なんとなく聞き取りはできるようになっていたようで、
そつなく通過。
そのあと、ホテルにチェックインするときに
フランス語みたいに英語を話すホテルマンがいて、
いまいち聞き取れなかったけど、とりあえずクリア。
タバコが吸えないので、急遽タバコが吸える部屋に変えてもらいました。

すでにロンドンでは夕方だったので、
ホテルのまわりを軽く散策して、バーガーキングを食べて、
スーパーで買い物してホテルに戻りました。

明日は6時起きで、市内散策予定なので、
もう寝ます。

でもちょっと歩いただけでこの風景。
テンションあがりまくりです。

でもせっかく今回の旅行用にOLYMPUS PEN買ったのに
やっぱり写真の腕がよくないので、GRで撮った写真とあまり変わらないところが
ショックでなりません。

P8120042.jpg

P8120043.jpg

date:2009年08月12日 21:03 | COMMENT (2)

文字だけでこんなCM

ひたすら文字だけで、つくられたベンツのCM。
やりすぎな感じです。
でもアイデアとしてはおもしろいと。
この大きさじゃほぼ何書いてあるか読めないけど。
こういうエントリーしないとすぐ本の話ばっかりになってしまうので、
反省中。他にあんまりネタがないのがいけないんですね。

date:2009年08月04日 02:46

ユニクロ・柳井正―仕掛けて売り切るヒット力

uniqloyanai.jpg

ユニクロ・柳井正―仕掛けて売り切るヒット力

最近黒い表紙の本を
たくさん読んでいる気がします。
どうも、書店で本を実際に見ながら買うと
自然と黒い表紙の本を選んでいるようです。

昨今、WEB界隈でも、経済紙界隈でも
一躍勝ち組企業になったユニクロさんの本。
社長さんの柳井さんにフォーカスして、
結構厳しいことも書きつつ、ユニクロを解剖した本です。

外側から見ている部分も多く、現在ユニクロの社内がどうなのか
というのは社員の方にしかわからないのだろうけれど、
経営者の方が読むと元気になる本だと思います。

昔、「一勝九敗 (新潮文庫)」という本を読んだときも感じましたが、柳井さんのような精神力を
もっていないと、経営者は成り立たないんだろうかと悩みます。


おそらくかかれているものを読む分には、それほど実感できないのだけれど、
実際自分の会社で同じような状況に置かれると考えると背筋が凍ります。

悪いときのユニクロの復活劇、海外店舗の方向転換、
自分が指名した社長を引きずり降ろして自ら再度返り咲く決断などなど、
経営者として修羅場をくぐりまくっている感じです。

ユニクロの創業時から、苦戦している時代、SPAに移行するまでの道のり、
フリースでブームを作ったあとのユニクロの裏側など、よく調べられていて、
表から見ているだけではわからない大変さと、それをリカバリーしてきた方法が
よくわかります。
また今後のユニクロの課題である大企業病の払拭、柳井さんの築いた文化を
いかに柳井さん引退後も継続させるかなど、問題点も指摘されていておもしろい。

自ら1兆円という目標を掲げ、ここまで巨大な企業になっても、
ベンチャーという意識を持ち続けることが大切ということが書かれています。

すぐに参考になるかどうかは置いておいて、自分を奮い立たすのに
役に立つ本かもしれません。

早く失敗して、早く考えて、早く修正する

これは正しいかどうかは別として

人材は自ら育ってくるべき、のぼってくるべき・・・

tag: 書評

date:2009年08月04日 02:20

シンプル族の反乱

simplezoku.jpg

シンプル族の反乱

スタッフからすすめれたので
撮影スタジオまでの移動時間に読んでみた。
電車に乗るのは相当ストレスなんですが、
こうやって本が読めるのはいいなぁと思います。

何気なく借りた本なんですが、
前呼んだ下流社会と同じ著者ということに
読み終わってから気がつきました。

ユニクロや無印が伸びているのは、
この本が言うところのシンプル族がふえているかららしい。
・自動車は売れないけど、自転車は売れる。
・百貨店は売れないけど、ユニクロは売れる。
・新しいものより、古いものを好む
といった特長があげられるそうです。

このシンプル族の3つの生活原理は、
1、モノをためない
2、手仕事を重んじる
3、基本的な生活を愛する
ということだそうです。

これまでと違い、日本の社会が成熟し、
いくら買い物をしても、生活水準の上昇を
感じられなくなったため、ソーシャルキャピタル志向が
強まっていくそうです。

この本の中で、そういう社会を迎えたとき、
何が売れるか、というところで、
マイナスしてきた商品・デザインに
今度は少しプラスするという結果に落ち着いています。

この本を読むと、自分がシンプル族に当てはまるような
気がします。
ただ、エコを好み、宗教がスピリチュアルな面があるかと
まったくないし、都市より世界遺産を好むかというと、
自然よりも建築など人工造形物に興味があると思うので、
完全なシンプル族ではないんだろうとは思います。

いわば、その狭間 バブリー+シンプルのような
感じなんでしょうか。

tag: 書評

date:2009年08月01日 16:38