超人気キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から・・・

kishi.jpg

超人気キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から・・・

最近、実店舗にWEBを使って
いかに集客するかみたいなことを
考えていて、WEBだけじゃなくて、
トータルでブランド化ってどうやるんだみたいなことを
悩んでいたところ、ちょっと古いけど
おもしろそうな本があったので、読んでみた。

最近ゴールド・ラットさんの本にはまりぎみなので、
少し息抜きに読んだ本です。

なんとなく表紙がライトな感じで、それに負けじと
文体もかなりライトでした。
でも内容はきちんと勉強しているなぁ~という感じ。
おそらくかなりご自身で経営されながら、本などで勉強されたんだなぁと
思いました。

難しい本ばかりでなくて、こういう実際の経営者のリアルな声っぽい本は
やはり読んでいて楽しいです。

名古屋で絶大な人気を誇るMonkeyFlipというおしゃれメガネ屋さんの
社長さんのお話。
僕は名古屋にはいったこともないので、知らなかったのですが、
中部地方ではすごい有名でAlainMikliとも並ぶ人気だそうです。

このMonkeyFlipというブランドがどういう経緯でできてきたかが、
おもしろくかつポイントを押さえてかいています。

この本で定義されているキラーブランドとは、
ある特定のことに興味がある人にはカリスマ的な人気があるのに、
その分野に興味のない人は名前も知らないようなブランド
ということでした。

でも最近はそういう会社こそ伸びているような気がします。
弊社のお客様もそういうこだわりを持ったショップさんたちが多い気もします。

内容は実際にモンキーフリップさんが歩んできた道を
いろいろストーリーを交えて紹介しているのですが、
キラーブランドをつくるための道を大雑把にいうと
下記のような感じです。

コアプロダクトの制作
とりあえずゴリゴリこだわったものをつくれ

リアルターゲットの設定
コアプロダクトを売りたい人を詳細に思い描く

ミッションの発見(これは少し儲かってからでもOKらしい)
ここでリアルターゲットが変わることもある

導火線(新カテゴリーの創造)
ヘルシアみたいな今までにないカテゴリーを作ればおのずと
導火線に火がつく


メガネ屋というと、この前カンブリア宮殿ででてた
メガネ21というチェーン店もすごかった。
会社に利益を残さない経営手法というのが、
ここのすごいところらしい。

tag: 書評

date:2009年06月26日 01:12

ひさしぶりに

動画をエンコードしている間やることがないので、
ひさしぶりにブログを書こう!と思いたってみました。
しばらく書いていないので、このまま書かないとやばいと思い・・・。
しかし、動画のエンコードをしているとノートパソコンのファンがやたらとうるさい。

今月は、なんだか忙しいんです。
バタバタ新規案件の受注がいただき、
プレゼンが続き、その合間に決算処理や引っ越し先物件の内見やら、
いろんなことをパラレルに進めすぎるのもよくないと痛感中。

少しバッファを持って置かないと、いろんなことに左右されまくって、
身動きがとれなくなる。

そんな中、とある会社さんに前々職の上司と、
一緒にプレゼンに。
というか僕はついていっただけなんですが・・・。

あまり人のプレゼンを見る機会ってないんですが、
なかなかおもしろかった。
こういうのを見ると自分がいかに営業に向いていないかがよく分かる。

営業に向いている人は話のきっかけづくりがうまい。
ここが会話の糸口だというのを瞬時に判断しているような感じがします。
あと話のストーリーづくりみたいなのがうまい。

自分の人見知りも会社やるようになってだいぶ治ったかなぁと思ってましたが、
まだまだのようです。

知り合いのプログラマーさんにアポなしで事務所に遊びにくる人がいるんですが、
そんなことができるのがうらやましい。(笑)
僕には絶対できないと思います。

書いてて思ったけど、こうやって自分の行動を
振り返るのはおもしろい。

date:2009年06月25日 01:42

早寝早起き朝マック

今日は、朝6時に起きて、
朝マックをしてから優雅に会社にいってみた。

意外とよかった。

微妙にマックの店員が私語ばかりで頭にきたけど、
朝ゆっくりできるというのはいいかも。

いつもは、朝10時~11時に出社して、
夜12時まで働くという、14時間労働なんですが、
よく考えると朝8時に出社して、夜10時まで
働けば、同じ14時間労働になるということでしばらくこれを
実践してみようと思います。

うちのスタッフも毎日ベローチェで優雅な時間を過ごしているというし、
こういう時間が意外と大切かもしれない。
とくに何をするわけでもないんですが。

こうした方が体感的に時間が長くなる気がするのは気のせいか。
問題は朝きちんと起きることができるかだが、
まだ1日目なので、よくわからない。

date:2009年06月10日 00:06

無趣味のすすめ

mushumi.jpg

無趣味のすすめ

村上龍さんの著書は
正直ほとんど読んだことがない。
一冊だけ希望の国のエクソダスという本を読んだことがある。
この本はおもしろかった。少年たちが仮想通貨をつくって、
自分たちだけの経済圏をつくりあげるという物語だった気がする。
ちょうどネット業界でもポイントサイトとかが
盛り上がっていたころに読んでいたので、
一人で興奮していた気がする。


それ以外でいうと、やはりカンブリア宮殿かな。
村上龍さんのエッセイというのはどうなんだろうと思ったんですが、
前に目標、趣味をつくることとしていたので、
なんとなく読んでみた。

正直なところ、あまりタイトルの「無趣味」とはあまり関係ないことの方が
多い気がしますが、やはり小説家というビジネスで成功しているだけに、
同感できることもたくさん書いてありました。
少し極論すぎるかなという点もいくつかありましたが。



最高傑作と言われる仕事をするには、まず多作、
そして「体系的・重層的」である必要がある

リーダーとは現実に対応し適応するために、 「組織として何を目指すのか」「そのために何をやるのか」を決定し、 実現できなかったら責任をとるという役割
やるべき価値のある仕事を共にやっていれば、 特に何かを教えなくとも、人間は自然に成長する

ちなみに文字が大きく、1時間ほどあれば読み終われるボリュームなので、
息抜きに読んでみるといいかもしれません。


tag: 書評

date:2009年06月09日 23:36

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

thegoal.jpg

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

これは読まないと損するという
えげつない進められ方を知りあいに
されたので、読んでみたら、
かなりはまった。

最初は本の分厚さに少しビビりつつも、
小説形式になっているので、
3日もあれば読める感じ。

簡単にいうと、
とある工場長が、企業経営とはまったく無関係な物理学者のアドバイスを
受けながら、その工場をいかに立て直すかという
プロセスを綴った物語なのですが、主人公が
段階ごとに壁にぶち当たり、解決していくというストーリーは、
ノンフィクションではないかというぐらいリアルです。

物理学者が云々というのは、最近のドラマの「ガリレオ」みたいな
感じですが・・・。

いろいろ学べることはたくさんありますが、まずは「生産性」の定義から。

生産性とは「会社の目標に少しでも近づけることのできる行為すべて」
そして会社の目標とは「お金を儲ける」こと。
「お金を儲ける」ことを計る評価指標は「純利益」「投資収益率」「キャッシュフロー」

上記の3つの指標は現場では役に立たないということで、
この小説の中で定義されている指標は
「スループット」「在庫」「業務費用」

・スループットとは販売を通してお金を作りだす割合
・在庫とは販売しようとしたものを購入するために投資したすべてのお金
・業務費用とは在庫をスループットに変えるために費やす費用

その評価をもとにボトルネックを探す。
ボトルネックとは、良くも悪くも現実で、
生産フローから市場までのフローをボトルネックを使ってコントロールすべきである。

非ボトルネックの使用レベルはボトルネックによって決まる。
つまりボトルネックをいかに効率的に使用できるかにより、
システム全体の生産性が変わる。

というフローが事細かに書かれています。
最後に完全ではないですが、このフローについて分かりやすくまとめられています。

1.ボトルネック(制約条件)を見つける
2.ボトルネック(制約条件)をどう活用するかを決める
3.ほかのすべてを2の決定に従わせる
4.ボトルネック(制約条件)の能力を高める
5.4でボトルネックが解消したら1に戻る

ただ、上記だと不完全なので、さらに、上記を
もう少しマクロにとらえていく方法が最後の方に書かれています。

読み終えて、さてこれをいかにして自社に当てはめていくか
それに悩んでいたところ、ザ・ゴール2を読みなさいと
薦められました・・・。

なかなかゴールは遠い感じです。


tag: 書評

date:2009年06月04日 02:33

デジタルネイティブの時代

digitalnative.jpg


デジタルネイティブの時代

2009年の成人式で、
「平成生まれ」の人たちが大人の仲間入りを果たし、
その2年後の2011年には、
平成生まれの大卒の人たちが社会人となる。

超昭和な僕は、平成生まれの方たちが
なにを考えているかなど、想像もしたことがなかったのですが、
この本ではそんな平成生まれの人たちが
社会に出てき始めたときに、
なにをすべきか、そんなことについて
書かれています。

まず、生まれたときからインターネットがあった「デジタルネイティブ」と
私のような大人になってからインターネットを触って喜んでいた
「デジタルノンネイティブ」とでは、
そもそも考え方・生活が違う。
デジタルネイティブな人種がマジョリティになったとき、
そんな彼らをどう理解して、マーケティングしていくのか?

全体的には、今後のネットサービス(おもにeラーニング)や
モバイルビジネスに対しての言及が多かったのですが、
切り口がおもしろく、これまでのない視点で
読み進められたので、なかなかおもしろい本でした。

今後のモバイル市場がいかに大切かということに
かなりページが割かれています。

いくつか気になったポイントがありましたが、
下記の3つが覚えておきたいフレーズでした。

・世代を超えるコンテンツ(ドラゴンボールやスラムダンクなど)
・デジタルノンネイティブはデジタルネイティブを理解できないということを理解する
・ネイティブであろうがなかろうが、ビジネスの本質は変わらないのだから、
 あらためて本質を見つめなおす


モバイルサイトは誰が見てるんだろう?と
思った人は、一度読んでみると少しは
モバイルサイトのことがわかるかもしれません。
わからないかもしれませんが・・・

date:2009年06月02日 01:42

projet JAPON

pj.jpg
pj1.jpg
pj4.jpg

TITLE:projet JAPON
CLIENT:Projet JAPON inc.
PR:Osamu Kawata(full size image Inc.)
DR:Anna Urabe(full size image Inc.)
DS/FL:Keigo Kurihara(full size image Inc.)
HT: Daisuke Eguchi(full size image Inc.)

お打合せにはじめてお伺いしたときに、
建築に対する熱い思いを語っていただき、感銘をうけました。

見せ方やサイトの導線など、細部までお客様と一緒に考えながら
完成したサイトです。

見た目だけじゃなく、機能性も求められるというのは、
建築もウェブサイトも一緒だなと。

僕は家を買う派ではありませんが、こんな方たちと一緒に
作れる家なら、いつか一戸建てを建ててみたいと思いました。


date:2009年06月02日 01:31 | COMMENT (1)