告白

kokuhaku.jpg

告白

ビジネス書ではないんですが、
とてもおもしろかったので、ご紹介。

このブログを読んでいる人から
ビジネス書ばっかりでつまらない!とも
言われてしまったので、こんな本も読んでますよという
アピールでもあったりします。
ごくたまにこの手の小説を読むと夜も寝ずに読んでしまうので、
長期の休みにしか読めないですね。

この手の本のジャンルはよくわからないんですが、
ミステリーの部類に入るんでしょうか。

ちなみに小説はもっぱら東野圭吾の本が好きなんですが、
神戸で立ち寄った書店で、
「全国の書店の店員さんが最も売りたい本」
と紹介されていたので、思わず載せられて買ってみました。
全国の書店員が最も売りたい本を選ぶ「本屋大賞」というのだそうです。

内容は、とある高校で教師が引退間際に自分の娘の死に関する
衝撃の事実を発表することからはじまります。

被害者から復讐者へ、
加害者から復讐される側へ、
それぞれの被害者や加害者の周りで巻き込まれていく人々、
いろいろな立場で時間軸を少しづつづらしながら、
それぞれの立場での心理状態を
描いていく手法は、読者を飽きさせず、
章ごとに、ああそうだったんだという妙に納得してしまうストーリー展開です。

なんだか人間の心情にスポットを当てた、
エゴやえげつなさが思いっきり出ているところが興味深いです。

第29回小説推理新人賞受賞ということらしいです。
次回作もぜひ読んでみたいです。


tag: 書評

date:2009年05月10日 16:35