広告も変わったねぇ。

koukokumo.jpg

広告も変わったねぇ。「ぼくと広告批評」と「広告の転形期」についてお話しします。

広告代理店の友人が薦めてくれたので、
読んでみた本。
WEBサイトを制作するのは、ちょっと広告とは違うなぁと
最近感じていたりいます。
広告というよりは店舗を作っているようなが近い気がします。
もちろん店舗には広告としての役割もあったりして、
いろいろな機能を持っているという意味で店舗が一番近いかなと。
なんでかっこいいばかりじゃなくて、使いやすくて、アクセスが良くて、
そこにいる店員さんもいい感じでみたいな。

この本は、「広告批評」という本を創刊された天野祐吉さんという
方が、広告業界の人たちとインタビュー形式で
昔の広告から今の広告を語るという内容です。
残念ながら広告批評はすでに休刊になってしまいましたが、
これだけBLOGやらなんやらが広まってきたいま、
広告を批評するのは、BLOGを書いている人たちで十分ということかもしれません。
CMはYoutubeで、ネット広告もポスターも全部ネットに集約されてくるという
時代なのかもしれません。

本書の中でもやはり広告のあり方が大きく変わってきていることに
みなさん言及されていて、この大きなパラダイムの中に自分がいることを
それぞれ楽しんでいるようでした。

中でも一番おもしろいと思ったのは、
東北新社の中島信也さん(日清カップヌードルのhungry?の人)との
会話の中で、

広告には大きくわけて3つの情報がある。
商品についての情報を伝える「インフォメーション」
使った人がああだったこうだったと感想を言う「レポート」
企業が自社の考え方を生活者に伝える「オピニオン」

今後の広告は「オピニオン」に集約されていくんじゃないかな?


というくだり。
その後に、
CMでオピニオン、WEBでインフォメーションと述べられていたが、
WEBでオピニオンはないのかなぁと素朴な疑問を持ちながらも、
WEBではオピニオンもインフォメーションもレポートも流せる。
けれど、ひとつのサイトにすべてというのは無理。
サイトもどの役割を担うサイトかを
最初に決めてつくらないといけなくなってきている気がします。

限られた予算の中ではやっぱり難しいとは思いますが。。

tag: 書評

date:2009年04月28日 02:09