トヨタとホンダ

toyotatohonda.jpg
トヨタとホンダ

最近、やたらと話題にのぼる自動車業界。
免許を更新にいかずに失効してしまった僕にはあまり関係ない話ですが、
自動車業界のことを少し知ってみたかったので、
わかりやすそうな本を読んでみた。

日本の車といえば、トヨタとホンダ。
そのまんまなタイトルです。

2001年に出た本なので、情報としてはかなり古いと思いますが、
今現在から振り返って、この本のとおりになっているかなどを
考えながら読むと意外とおもしろいです。

いまや大変になっているGMやクライスラーなどの話も出てくるので、
タイムリーな話題。

ともに日本のメーカーとして、争いながら成長してきた過程を、
社長や開発者のインタビューを交え、それぞれの手法やDNAの違いを
比較しながらみていくという内容。

トヨタとホンダを比べるには規模も売上高も違うが、
トヨタはホンダを限りなく意識してきたらしい。

お互い意識をしながらも、決定的に違う社風などから方向性を変えながらも
同じところでぶつかるというマーケットでの勝負所を描いた箇所が
おもしろい。

意思決定が早く、ホンダらしさを貫き、おもしろい車を生み出し続けるホンダと、
意思決定は遅いが、意思決定してからの速さと体力にものを言わせて、
小さい波をひろっていく戦略のトヨタとで、
違いはあるが、日本の2大メーカーとして、学ぶべき経営手法はたくさんあるなと感じます。

あまり偉そうなことを言わずに真面目にキチッとやることでしょうね

トヨタの社長の張さんのお言葉。

いまは日産のゴーンさんの本を読破中。

tag: 書評

date:2009年01月14日 00:30