考告

koukoku.jpg
考告。 企画をヒットさせるために広告クリエイターたちが考えること

京都で開かれている京都広告塾の授業?をまとめたもの。
著名なクリエイターが講師として参加しているようで、
なんだかすごい楽しそう。
グラフィックというよりはコピーライターの方たちばかりですが、
広告をつくるという意味では同じクリエイターなので、参考になるかと思います。

この本のタイトルからコピーライターの力ってすごいなと
感じさせられますが、
「考告」「効告」「巧告」と3部作のようです。
まずは「考告」から。

「考告」でのクリエイターは、
全日空「LIVE/中国/ANA」の広告などで知られる
コピーライターの一倉宏さん。
うまいんだな、これがっ。の人です。

象印マホービン「象印夫人」のCMなどで知られる
クリエイティブディレクターの中治信博さん。

宝島社「おじいちゃんにも、セックスを。」で知られる
コピーライターの前田知巳さん

朝日新聞「このままじゃ、私、可愛いだけだ。」などで知られる
コピーライターの吉岡虎太郎さん。
BOBSON/「いいだろ頭悪くて」の人です。

広告業界の最先端走る人たちの生の声っぽいものが
いろいろ知ることが出来て非常に楽しめる1冊だと思います。

いろいろ、自分が作る際にも気をつけようと思うことが、
たくさんありました。

例えば、
・広告を見る環境を計算する。
広告のある環境を逆手に取って、効果的な見せ方を考える

・仕事の大半はインプット
ふだんから、いかに自分を白紙の状態いして「レトリックの種」が入って来やすいように保っておくかが重要

・オリエンがなくなる
もはやオリエンを待っていては後れをとる時代に突入してしまった。

・身近なスタッフの気持ちさえ動かせない言葉が、どうして一般の生活者に共感を覚えてもらえるだろうか

・人は広告を見ない
広告を見ようとしない人たちに、それでも目をとめてもらえる言葉

と普段作る側として心がけておくべきことが、拾えます。
ただ、電通とか博報堂とかかならず有名代理店の肩書きがあるのが、
ちょっと悲しい。
やっぱり日本の広告業界は大手代理店抜きにしては仕事ができないのか
とも思ってしまいます。

date:2008年12月03日 00:55