英語のメールが書けない

先日の「英語のメール」エントリーの続き。

一応、先生を選ぶときにプロフィールで
学歴やら、趣味やら日本語能力やらが見れるので、
とりあえず大学卒、日本語が日常会話レベルが
できるという人を選びました。

趣味は、あまり重視していないのですが、
アートとかデザインとか書いている人を選んでみました。

国は、ロンドン出身の人を探したんだけど、
あんまりいなかった。残念。

5人の先生を選んで、
その中で、連絡のあった先生が4人。
男性2人と女性2人。

今度の3連休にトライアルレッスンのお誘いを
受けたが、メールがすべて英語で、
最初からハードルが高い。

自称、得意科目の受験英語でなんとか読解はできるが、
自分の言いたいことをうまく文章にできないのが
非常に歯がゆい。
Excite翻訳に頼りまくりで、なんとかやりとりは
しているものの、きちんと意味が通じているかは不明。

とりあえず、待ち合わせ場所と時間だけは伝わったので
良しとしたが、先行き不安&前途多難です。

まあ、人間追い込まれれば、
なんとかするだろうというわけのわからない自信をもって、
今週末3人の先生とあってきます。

tag: 英語

date:2008年10月08日 02:10