3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術

yudaya.jpg
3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術

交渉というと、自分自身苦手なのですが、
会社の代表という立場になると、
苦手もへったくれもなく交渉をせざるを得ない
と思ったので、こんな本を読んでみた。
Amazonで一時期上位にきていたような気がしていたので。

著者が本当に3000人のユダヤ人にYESを言わせたかどうかは
わかりませんが、かなり具体的な手法が書いてあるので、
容量がいい人であれば、即実践できると思います。

まずは、
ネゴシエーター役になってみる。
僕が気になったところをまとめると
・座る位置を三角形に
・進行役は得をする
・先生目線(ホワイトボードの書記係になる)
・数字をスラスラしゃべる

この他にも著者が各国のビジネスマンから学んだ交渉術の極意が
披露されている。
・発注や支払いのリスクのある仕事をしてはいけない
・自分の意見をいったあとは、相手の意見を言う場をつくる
・目的やゴールを紙に書き留めてから交渉に臨む
・譲れない点は絶対に譲らない
・最後に相手が迷っていたら握手をしてしまえ

などなど。
読むだけで交渉に強くなりそうな気がしそうな気がします。
が、実践してみないとわかりませんが。

ノートに書きとめておいて、ひとつずつ実践してみようと思います。

tag: book書評

date:2008年10月07日 01:18