フォーカス・リーディング

focusreading.jpg

フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術

1年間で100冊読むという目標を年初に立てて、
時間があれば、ひたすら本を読んでいたりするわけですが、
なかなかどうして時間がとれないことがあります。

そこで、速読術!かと思ったのですが、怪しすぎるので、
勝間本で知ったフォーカス・リーディングを読んでみました。

サブタイトルが1冊で10分のスピードでなんたらという内容で、
刺激的です。

読書というよりも写読といった感じでしょうか。
パッと見て、内容を把握していくという読書方法です。

速読術のような安易なものではなく、
きちんと基礎からひとつづつトレーニングをしていけば、
本当にできそうな感じです。
読書癖がある程度ある人は日常的にやっている文脈をパッと見で
理解するということをつきつめていくような感じです。

ただし、小説や趣味で読むようなじっくり系本には
向いていないかもしれません。
結局は意識的に読書慣れしていくのが一番早いフォーカスリーディングの
習得方法な気がします。
フォーカスリーディングうんぬんよりも何のために読書をするか
そこを考えながら、読書しなければ、どんなに本を読んでも意味がないという
箇所に一番共感を覚えました。
ちなみに読書メモをなんのために作るのか?は否定されてました。。。
あとで読み返すと読書メモって結構役に立つので、それはその人次第という
気もしますが。

とはいえ、速く読むコツをどう意識していくかというのが
わかりやすく説明されているので、オススメです。

tag: book書評

date:2008年09月03日 03:00