道をひらく

michi.jpg

道をひらく

日本が誇る経営者「松下 幸之助」さんの名著。
いつか読みたいと思っていたのですが、
やっと読めました。

今流行りのHOWTOっぽいものでも、
むずかしい学術的なビジネス書でもないのですが、
経営者としての心構えや、座右の銘をつくるのに、
すごく、参考になる本です。

前に読んだ「仕事の哲学 (ドラッカー名言集) 」と同様に、
常に携帯して、自分が落ち込んだとき、悩んだときに
さっと目を通すといいのかもしれません。

ひとつひとつの言葉が深すぎます。
時代・環境が変われど、商いをする者の心構えは変わらないのだなと
思います。

下記メモ

志を立てれば、事はもはや半ば達せられたといってよい。
繁栄は"なぜ"を問うところから生まれてくる。
個々には完全無欠でなくとも、それぞれの適正のなかでその本領を生かし、たがに与えられつつ、大きな調和のなかに美とゆたかさを生み出している。
人を助けて己の仕事が成り立ち、また人に助けられて己の仕事が円滑に運んでいる
叱りもしなければ叱られもしないということになったら、ものの見方考え方が甘くなり、そこに弱さと、もろさが生まれてくる。
断を下さないことが、自他共に好ましくないことだけは明らかである。
今までよりも1時間少なく働いて、今まで以上の成果をあげること、そこに人間の働き方の進歩がある。

tag: book書評松下幸之助

date:2008年08月31日 14:26 | COMMENT (2)

Comment (2)

尊敬する松下幸之助さんの著書『道をひらく』の書評を探していて、このブログにたどり着きました。ぜひ書評リンクをさせていただきたいのですが。

「人生最強の名言集』とういうサイトの中に「座右の書』として『道をひらく』を紹介しているページになります。
http://jsm.livedoor.biz/

phas :

ありがとうございます。
書評リンクの方、全く問題ございませんので、
よろしくお願いいたします。
書評というほどのものではございませんが。

Comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、
コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)