日本でいちばん大切にしたい会社

nihonndeichiban.jpg
日本でいちばん大切にしたい会社

忙しすぎて、本を読む気が起きなかったのですが、
このままだと、年間100冊目標がやばい!ということで、
3連休を利用して読書、読書。

というわけで前から読みたかった本をまとめ読み。

1冊目、日本でいちばん大切にしたい会社という本。
いちばん大切にしたい○○と考えたときに「会社」が
くるというのがおもしろい。

肝心の中身はというと、会社はなんのためにあるのかという
本質を語っている内容です。
後日書評を書きますが、現在読んでいるビジョナリーカンパニーにも
通じるものがあると思います。

なんのために会社を経営し、会社は誰のためにあるのか。
経営者なら必ず考えるこの問いに、答えを出すヒントになるかもしれません。

環境は違えど、会社を経営する立場にあるなら、読んでおいた方が
いい本かもしれません。

下記、メモ。

5人に対する使命と責任
・社員とその家族
・外注先・下請け企業の社員
・顧客
・地域社会
・株主
なにはともあれ、社員が大事。この点は、非常に強く同感。
社員なくして会社は成り立たない。

経営で一番大切なのは「継続」させること
業績や成長は継続するための手段であると。
なにはともあれ、経営者は利益を出すことが仕事であると思います。
社員の仕事に対して、きちんと報酬を獲得できない経営は、
必ず崩壊します。
好況だから人財が欲しい。不況だからなおさら人財が欲しい
努力をしたくても、がんばりたくても、 がんばれない人々が真の弱者で、 がんばれるのに、がんばらない人々は偽者の弱者だ
素敵な言葉です。
忙しさなどを理由に自分を磨くことができない人には、
ぜひ心に留めておいて欲しい言葉です。自分自身も含めて。
成長の種まきを怠らない
当たり前のことで、わかりきっていることですが、
なかなか実践できない。自分の会社でもなにができているか、
一度見直してみようと思いました。


この本の中で紹介されていた、大切にしたい会社たち
杉山フルーツ
日本理化学工業
伊那食品工業株式会社
中村ブレイス
柳月

いつの日か弊社も大切にしたい会社になれるよう
がんばりたいと思います。

date:2008年07月20日 03:51