ESCOって

テレビを見ているとエコエコうるさいくらい言っているので、
気になったキーワードを調べてみました。

ESCO
Energy Service COmpanyの略語。
簡単に言うと成果報酬型の省エネサービス提供事業といったところでしょうか。
エコエコと叫ばれていますが、結局、効率を求める現代では、
メリットがないと何も進まない。
ということで、省エネサービスで節約できた分の金額の何パーセント化を
報酬にもらうというビジネス。

企業は、他人任せである程度節約ができるので、
地球もサービスを受ける側も提供する側もみんながHAPPYなすばらしい
ビジネスです。

竹中元経済財政政策担当大臣は
エコのリースというビジネスモデルですね
と言っておりました。
最初に大きな投資を必要とせず、毎年削減できたエネルギー費から
初期投資を返していくということ。

Wikiによると、

サービスを提供する会社は、顧客に省エネシステム等を提供しイニシャルコストを下げるかわりに、軽減した電気代などの光熱費、水道料金から一定の割合(数年間にわたって50%といったもの)を受け取るビジネスモデルである。

ということです。

すでに上場している会社があるんですね。
株式会社ファーストエスコ株式会社省電舎株式会社トーエネックなど

現在、国の施設での導入がまだまだ未着手のようで、
これが始まれば、この事業を提供する会社は大きく成長できそうです。

みんながHAPPYというビジネスはやはり強い!気がします。

ただ、原油高などの市場の動きに大きく左右されるようで、
ファーストエスコなどは結構厳しそうです。

弊社でもなにか「ITでエコ」みたいなことをやってみたいと思います。
エコPCとかあるとおもしろいのに。
なんか企画を考えよう。

date:2008年06月08日 19:00