Webデザインの「プロだから考えること」

prodakara.jpg

Webデザインの「プロだから考えること」

記憶に残るWebサイトと同時期くらいに発売されていた本で、
コンセプトも似た様な本。
spfdesignの鎌田さんや電通の中村洋基さん、
imaginativeザ・ストリッパーズの遠藤さんなど
そうそうたるメンバーのインタビュー集。

Webデザインの第一線で活躍する人たちがどういう考え方で
ものづくりをしているかがわかるので、読んでみるとおもしろいと
思います。
技術の話というよりは、考え方にフォーカスしているので、
少し裏側を見せてもらった感じです。


下記、気になるフレーズ。

”メンドクサイ”ものはつくらない
ユーザーは面倒なものは見てくれない。


ひとつだけ常識に反する

デザインは自然とあるべき場所にあるべきものがあるのが美しい。
でも1つだけカオスをつくることで見る人の興味を引くことができる。


なにごともやってみることです。

いろいろなことに手を出してみても、まったく無駄にならないことが、
Webの仕事である。


なにがイケてる仕事なのか

クライアントは説得する相手ではなく、一緒にモノづくりを
する存在である。


自分の思うような仕事ができず悩んでいるデザイナーには
励みになりそうな気がします。

自分が作りたいもの=クライアントが求めるもの

理想ではありますが、そんな仕事をしていければと思います。

tag: book

date:2008年04月05日 09:51 | TRACKBACK (1)

Trackback

» webデザインの「プロだから考えること」 from Re:design BLOG
日本だけでなく、世界が認めるWebデザイナー7人。なぜ、彼らのデザインは「イケて...