おもてなしの経営学 アップルがソニーを超えた理由

omotenashi.jpg

おもてなしの経営学 アップルがソニーを超えた理由

一部ひろゆき氏との対談などの部分はアスキーの特集で
読んでいたのですが、あらためてまとめて読みたいと思い、
購入。

Appleというかっこいい会社は元マイクロソフトの開発者が
語るというこれは読まなければと思う本。

最初に著者の中島さんのバックグラウンドを知っておくと、
すげぇすげぇと楽しめる本です。
Life is beautifulというブログで有名な中島聡さん。
マイクロソフトでWindowsやInternet Explorerなどを開発してきたという、
私などからすると雲の上の人ではありますが、
こんな人の書いた本を読めるというだけで読書をする意味が
ある気がします。

内容はというと、なぜソニーがiPodをつくれなかったのか。
それはおもてなしの精神が足りなかったから。
英語でいうUser Experience=おもてなしということであるという
ことからはじまり、広く今後のビジネスに関して言及している
内容でした。
「床屋の満足」という言葉ははじめて知りましたが、
自分本位の仕事ではなく、ユーザーが求めるものを出す、
自己満足におちいってはいけない。
これはデザイナーにも特に言えるのかもしれない。
とかく自分のつくりたいデザインに執着してしまうデザイナーは、
ユーザーが見えていない。
かっこいいデザインのECサイトが売れないのは、
おもてなしの精神が足りないせいかもしれません。

ただ、クラフトマンシップは失われてはならない。
職人の仕事への愛着や誇りが失われてはいい仕事はできない。
アップルの「製品にはソウルがないといけない」という言葉は
今後のビジネスの核になっていきそうな気がします。

製品もサービスも提供する側がかっこいいと思って
作るもの、提供するものでなければいけない気がします。
かっこよく仕事をするのではなく、かっこいい仕事をしなかればと
思いました。

メモ&フレーズ。

作る方の自己満足のための「こだわり」と、使う人の満足度をとことんあげるための「こだわり」。後者の「こだわり」は企業利益を増やす。

上司の顔色や直近の自分の損得だけで動くのが「上を見て」仕事をする人。「天を見て」仕事をする人は、会社や上司のためではなくお客さまのためにいい仕事をする、この技術が未来につながるとか社会的に必要だという美学を貫き、自分の信条を持って動く。

tag: applebookジョブズ書評

date:2008年04月30日 02:21