ソニーをダメにした「普通」という病

sony.jpg

ソニーをダメにした「普通」という病

私の周りには、いまだにたくさんの
ソニー信者がいます。
好きなパソコンを買っていいよというと、
必ずVaioを選ぶ人がいます。

それだけソニーという会社は魅力をもった会社でした。
が、やはりソニーも大企業になってしまったのだなと
思いながら、この本を書店で手にとりました。

部品検査員としてソニーで勤めた経歴の
経営コンサルタントの著者が
なぜ、ソニーが没落していったかと検証するという内容です。

その過程で、なにが失われてしまったから、
没落したのか。逆に、これが失われなければ、
ソニーはソニーのままだったはずということが
たくさん指摘されていて、非常におもしろい本でした。

一時はビジョナリーカンパニーにも選ばれたソニーから
学ぶべきものは多いと、あらためて思いました。

中でも気になったフレーズを書きとめておきます。

「ただ他人と自分の人生を浪費しないこと」
対価を払って手に入れた商品やサービスによって自分の人生を
浪費されたと感じる消費者もまた、ただ離れていくばかりである。

「機能価値を減じて使用価値を増す」
技術を自慢する機能価値ではなく、使用することによって生まれる価値を
大事にする。ウォークマンのくだりで

「社員は、会社が預かっている社会の財産だ」
一心に人を活かすことに専念する

「CMOこそが最高経営責任者である」
GoogleのCCO(Chief Culture Officer:最高文化責任者)をも
超えて、CMO(Chief Motivation Officer:最高モチベーション責任者)を
置こう。

「数字が響く人間の数は限られる。
堅牢なる論理も同様」
金や論理ではなく、夢を語れ。
出井さんの「デジタル・ドリーム・キッズ」のように

「人の上に立つことを、人より偉くなると考える人間は、
決して経営者になってはならない」

「客を愉快にすれば、社員も愉快、経営者も愉快」
いい仕事をすれば、お客さんが社員を勝手にモチベートして
くれる。


とたくさんの良い言葉を拾うことができました。
ただ、それでもソニーにはソニースピリッツが残っていると
締めくくっていました。
最近発売された有機ELテレビ
その残されたソニースピリッツが作ったものだと。

tag: book

date:2008年03月20日 15:20 | COMMENT (1) | TRACKBACK (1)

Trackback

» ソニーをダメにした「普通」という病:「普通病」が蝕むもの from はてさてブックログ
有名なあの会社を見つめています。 「ソニーをダメにした『普通』という病」。 経...

Comment (1)

書評、ありがとうございました。
この本の著者、横田宏信です。
大変に嬉しく拝見させていただき
ました。

Comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、
コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)