レバレッジ・リーディング

revalege.jpg

レバレッジ・リーディング

このブログに書評が多くなったのは、
ずばりこの本のせい。

ひたすら読んで、ひらすらブログに書くという作業を
しばらくつづけてみようと思っています。

レバレッジ・リーディングのレバレッジとは投資の際に
よく使われる、テコの原理などの意味ですが、
この本では、最大の投資は自己投資であると説いています。

例えば1500円の本を読めば、100倍の150,000円のリターンが
かえってきますよといっています。

ただ本を読むだけでなく、ひたすら読む。
1日1冊読むというもの。
かつ読むだけではなく、本にメモを走らせ、ページを折り、
気になった箇所だけを書き出した自分だけの
本を作りなさいというもの。

私も本を読む習慣はあったが、さすがに1日に一冊はきついので、
1週間に1冊と決めて、読むことにした。
また、本に書き込むことは面倒くさいので、
ページを折って、気になることはブログにまとめることにした。

ちなみにこの本で気になった箇所。

■本の選び方
・目的を明確にする(何のために読むか)
・自分にとって読みやすい本を選ぶ(小難しい本を読む必要はない)
・教養型よりは経験型を選べ(実践ノウハウ本を選ぶ)
・身近なテーマを選ぶ(興味がないと長続きしない)
・テーマ、トレンド、直感で選ぶ(僕の場合、直感が多い)
・同じジャンルの本を読む(10冊読めば真理が見えてくる)

■本の選ぶのに役に立つメルマガ
毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン
ビジネス選書&サマリー★プロ厳選!30秒で読んだフリ
webook of the day
後悔しないための読書【ビジネス書の本格的書評】

■習慣に合わせて読む

■本のストックは切らすな。
ストックがたくさんあれば、気分によって本を選べる。

といった具合でしょうか。
このブログでは、書評というよりも、
私のレバレッジメモ(読んだ本で気になる箇所のメモ)的に
使う感じにしていこうかと思います。

tag: 書評

date:2008年02月09日 03:05