ネット広告がテレビCMを超える日

nettv.jpg

ネット広告がテレビCMを超える日

雑誌広告をネット広告が抜いたという
記事をみて、ああついに抜いたかと。

ネット広告費、雑誌に迫る テレビなど4媒体は2年連続前年割れ

というわけでこんな本を読んでみました。

簡単にいうと、最後の護送船団である「TV業界」は
もうやばいよ、というお話。

テレビ放送のデジタル化に伴い、
膨大な設備投資を強いられるTV局は、
力のない地方局からバタバタとつぶれるかもしれない。
しかし、金融再編のときのような破綻騒ぎを
起こすまえにテレビ局の持ち株会社制度が解禁されます。
それに伴い、現在のTV局のビジネスモデルは崩壊していくと。

同時にIPマルチキャスト放送が実現すると、
法整備がされ、コンテンツの流通を阻害する著作権も
緩やかに緩和される。そうするとコンテンツの力が視聴率と
なるため、良質なコンテンツ制作ができる会社が主導権を
にぎることができる。
したがって、下請け制作会社に丸投げしてピンハネする
ビジネスは成り立たないですよということでした。

また、WEB上でのCMが加速していきます。
WEB上でのCMでは
「消費者制作コマーシャル」
「ブランデット・エンターテーメント型広告」
(ドラマなどのストーリーに紛れ込ませたCM)
「SNSやブログを利用したブランドコミュニティ」
(例として三越コミュニティクラブ
などが例として挙げられたいました。。

ネット広告の伸びの箇所に関して、少し情報が古くあまり参考に
なりませんでしたが、現在のテレビ業界の状況について
知るには非常に役に立つのではないかと思います。

tag: 書評

date:2008年02月24日 05:39 | TRACKBACK (1)

ウェブを変える10の破壊的トレンド

webhakai.jpg

ウェブを変える10の破壊的トレンド

ウェブ制作という業界にいながらも常に最先端の情報にふれている
というのは難しいと感じます。
特に英語ができない私は定期的にこの手の本を読んで情報を
補完しています。

衝撃的なタイトルですが、
実際のサービス実例を合わせて、
WEBのトレンドを紹介していて、非常におもしろい本でした。

以下、気になった箇所のメモ。

・ウィジェットマーケティング
現在日本でもブログパーツが流行って?いますが、
今後、もっと密なウィジェットが増えそうな気がします。

Hot or Not
写真を投稿してかっこいいか、かっこ悪いかだけを
VOTEする。クラウドソーシングの一例

DiggLab BigSpy

ディグしている様子をリアルタイムでビジュアル化。
日本の同じようなものよりかっこよく見えるのは英語だから?

・Prosper
オンライン貸し金マッチングサイト
借りたい人と貸したい人とのマッチング

tumblr
これは有名。ミニブログ

MOOミニカード
Flikrなどと連動した自分の名刺をつくれるWebサービス

ニューロスカイ(NeuroSky)
あたまにヘッドフォンのようにつけて使う、脳波を利用した
インターフェイス

著者のページに他のリンク集が掲載されてました。
ウェブを変える10の破壊的トレンド リンク集1
ウェブを変える10の破壊的トレンド リンク集2

tag: 書評

date:2008年02月23日 16:20

営業マンは断ることを覚えなさい

kotowaaru.jpg

営業マンは断ることを覚えなさい

私は営業が嫌いです。
前々職で電話営業というリストをつぶしていく不毛な作業を
してからというもの、営業という言葉すら嫌いになってしまいましたが、
ビジネスをする以上、営業は必要だろうと、
この本を手にとってみました。

営業マンはまず断りなさい。
そんな突飛もないことを書いてある本ですが、
半分共感できて、半分共感できませんでした。

断ることにより顧客の信頼を得るというのは、
一理あるかもしれませんが、そうでない場合の方が、
圧倒的に多いような気がします。

デザインという仕事をしていると、
納期が短い、予算が少ないという仕事が少なからず
あります。
ディレクターという立場からすると、やはり多少きつくても
がんばってくれた人に、次はいい仕事を投げてあげたいと
思うものです。いつもコストが云々といって断る人には、
いい仕事も投げたくなくなります。

とまあ、この部分は共感できませんでしたが、
下記の点は参考になりました。

1)トップセールスは誰にでもできるものではない。

誰にでもできる仕組みをつくりなさい。

2)しくみとして集客し、集めた顧客をフォローし、買いたい状況まで
もっていってから、営業マンとあわせる

集客→見込み客フォロー→販売→顧客フォロー

3)集客のあとの見込み客のフォローが重要

4)ソフトタッチのコミュニケーション
営業メールやDMではなく、顧客の立場にたった情報の提供など

デザインでいうと、見込み客は、広告や実績で集め、
定期的にソリューションやWEB業界の情報、自社の実績などを
メールなどで知らせるというところでしょうか。

デザインという無形の製品を売ることを考えると、
やはり目に見える形である「実績」を積み上げていくことが、
一番の近道かも。

ちなみに関連してこんな記事がありました。
ウェブ制作価格を相場以下で受けている企業が
覚えておいて損のない5つの防衛手段

幸いうちの会社は相場より少し高めで、
お仕事をいただけています。

参考:○○円ならどこまでできる!? ウェブサイト制作の相場早見表

tag: 書評

date:2008年02月23日 02:26

マネジメントするということ

最近の社内を見ていて、思ったこと。

マネジメントという仕事を意識してできる人は、
非常に少ない。
マネジメントしなければならない立場にいながらも、
自分ができていないことに気づいていない人が
多い。
私もまだまだ出来ていない部分がたくさんありますが。

マネジメントとは言葉のとおりに読むと管理をすることなのですが、
マネジメントする立場の人間には2つの使命があると思います。

1,数字の管理(ビジネスをしている以上鉄則です。)
2,楽しい職場作り

どちらが欠けても、会社は成り立たない。
数字が欠けては、ビジネス自体が成り立たない、
楽しい職場でなければ、組織が成り立たない。

スタッフのモチベーションをあげるために
なにをしてあげられるかということを常に考えることが
大切だと思います。

方法はいろいろあります。
褒めたり、嗜めたり、少しハードルが高めの仕事を
振ってみたり、まだまだ試行錯誤の連続ですが、
その試行錯誤の末、こちら側が努力をしていると自然と
雰囲気も良くなってくる気がします。
もちろん思い通りにばかりいくわけではないですが。


が、マネジメントのできない人は、スタッフのモチベーションが
あがらないことをスタッフのせいにしてしまいがち。


短所ばかり見ると、悪い方向にしか見えなくなってくるもの。
本当に使えない!?スタッフなんていない。


もちろん短期的に、仕事ができない人はいます。
スキルが足りなかったり、経験が少なく失敗したり。
が、出来ない人は出来ない人なりに仕事を振ってあげれば、
出来る人に変わります。

とある知り合いの社長に言われたこと。
「社員をお客さんだと思って接してみなさい。」
目からうろこでした。

スタッフを見切るということをしてしまっては、
マネジメントはつとまらない。
スタッフを見切るということは顧客を見切るということと同じ。

あらためて、スタッフとの接し方をもっと大事にして
いかなければと思いました。

いま自分の会社にいるスタッフに対して、
よくぞ、この会社に来てくれた!と
思うそんな気持ちを大切にしていきたいです。

そして、マネジメントする立場の人間には、
常に「スタッフを楽しくする、喜ばせる」という心がけをもって
いて欲しいと。


date:2008年02月23日 01:28

ExternalInterfaceクラスでJavascriptの関数を呼び出す

仕事で使ったのでメモる。
こんな便利なクラスがあったんですね。
まだまだ勉強が足りません。
悩んで損した。

クリックするとalertの関数を呼び出す
ExternalInterfaceクラスを読み込んで、
ExternalInterface.call("関数名","引数");
って書くだけ。

Flash ActionScript側に
import flash.external.ExternalInterface;

_root.btalert.onRelease =function(){
ExternalInterface.call("callAlert","FlashからJavascript成功");
}



HTML側に下記のように追加 <script type="text/javascript">
    function callAlert(aString) {
        alert(aString);
    }
</script>



サンプル
サンプルソース


tag: actionscriptflashjavascript

date:2008年02月21日 17:53

jQueryでcookieを超簡単に操作する

忘れそうなので、メモ。
これは意外と使える。
自分でcookie操作するscript書くのが面倒な人は、
これで一発解決です。

jQueryでcookieを簡単操作サンプル

//cookieをセット
$.cookie("testNum","data:hogehoge",{expires:30,path:'/'});

//cookieを呼び出し
$.cookie('testNum');

jQueryダウンロード
jquery.cookie.jsダウンロード

世の中便利になっていますね。

tag: javascript

date:2008年02月20日 20:10

nike.jpのストアロケーター

nike.jpg

nike store locator

nikeのストアロケーターがものすごくう良くできている。
GoogleMapを利用しつつも、
GoogleMapを使うよりも早く快適に使えるように
設計されて、かなり使いやすい。
デザインもいけてます。

AirMax世代の私ですが、
最近はめっきりnikeのシューズを履かなくなりましたが、
店舗検索にここまで力をいれるというあたり、
nikeという会社の底力を感じます。

date:2008年02月18日 07:41

はてなが京都へで思ったこと。

株式会社はてな、本社を京都に移転、ものづくりの拠点を結集

同じ経営者として、
はてなの近藤さんは、やはりすごいと思います。

規模的には僕の会社と同じくらい。
業態が違うので、収益が云々ということはよくわかりませんが、
会社の舵を大きく切るというのは、
やはり相当勇気のいるもので、
はてなくらい影響力のある会社だと、
そのプレッシャーは相当なものでしょうか。

ユーザー、クライアント、スタッフなど
みんなのことを考えながら、
決断するということをしていかなければならない
経営者という立場として、尊敬します。

数年会社を経営していると辞めていく人、
新しく入ってくる人、
それぞれに合った仕事を作り出し、そして、
新しいことに挑戦していくというのは、
すごいパワーがいる。

「格好悪いけど正しい判断ができるのは、えらいことだよ」

経営者だって人間だから、疲れるし、
しんどいと思うことだってあるのだし。
ぜんぜん格好悪くない。
いまどき1つのことにこだわり続ける方がアホらしい。
大きな目標があれば、途中で曲がることもあれば、
引くこともあるわけで。

渋谷のオフィスの前をよく通りますが、
あのあたりは渋谷のわりにはとても静かで
いい場所なのですが、取り壊されるのは残念ですね。

これからのはてなを見ていきたいと思います。

思ったのですが、はてなはデザイナーを数人採用してはどうかな
と思います。プログラマードリブンではなく、
デザイナーからの発想があるとおもしろいのかも。
あと、はてなはデザインがいまいち。。。

機能は素敵なので、使っていますが、
私のまわりには、デザインがいまいちなので、
使っていないという人もいたりするので。
自分がデザイナーだから言うのではないですが、
デザインは重要だと思います。

デザインが人に与えるものは機能と
比べても大きいので、ぜひ考えてみてください。


date:2008年02月18日 04:11

スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学

staba.jpg

スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学

普段なにげなく購入しているスタバのコーヒーや、
携帯電話の利用料金など、
なぜ?この商品・サービスがこの値段で提供されているのか?
をわかりやすく説明した本。

すべての鍵は取引コストにある。
例えば、スタバのコーヒーは、コーヒー豆の原価は
5~10円ほど。
でも私たちが購入するのは、280円~380円。
では私たちは何にお金を払っているのか?
コーヒーを入れてもらうというサービスにお金を払っているんですよ。
という内容。

大雑把ですが、本質は、商品の値段は取引にかかるコストに
よって決まるのです。

私自身が考えたのは、時間をお金で買っているということなのでは、
ないかということです。
例えば、コーヒーを豆から自分でいれるとすると、
それなりの手間と暇がかかります。
が、スターバックスに行けば、手間隙かけて淹れられたコーヒーが
数百円で飲むことができます。

この差が取引コストなんだと。

もちろん時間だけではないのですが。。
私は打ち合わせに行くときは、ほとんどといっていいほど、
タクシーを使います。
電車でいけば、160円で済むところを、
600円かけてタクシーでいきます。
理由は、駅まで歩く距離と時間、
そしてなによりも電車に乗るというストレス
(電車に乗ると、うるさい人や、ぶつかってくる人など
ストレス要因がたくさんあります。)
を避けるためです。
電車でストレスをかかえたまま商談に向かって失敗するよりは、
いい気分で商談に向かい、タクシーの中で、
予行演習を行うことにより、商談が決まる確率があがれば、
安いコストだなと自分では思います。

常日ごろから取引コストを意識して行動していると、
非常に効率のいい人生を生きていける気がします。

おすすめの1冊です。

tag: 書評

date:2008年02月11日 18:13

レバレッジ・リーディング

revalege.jpg

レバレッジ・リーディング

このブログに書評が多くなったのは、
ずばりこの本のせい。

ひたすら読んで、ひらすらブログに書くという作業を
しばらくつづけてみようと思っています。

レバレッジ・リーディングのレバレッジとは投資の際に
よく使われる、テコの原理などの意味ですが、
この本では、最大の投資は自己投資であると説いています。

例えば1500円の本を読めば、100倍の150,000円のリターンが
かえってきますよといっています。

ただ本を読むだけでなく、ひたすら読む。
1日1冊読むというもの。
かつ読むだけではなく、本にメモを走らせ、ページを折り、
気になった箇所だけを書き出した自分だけの
本を作りなさいというもの。

私も本を読む習慣はあったが、さすがに1日に一冊はきついので、
1週間に1冊と決めて、読むことにした。
また、本に書き込むことは面倒くさいので、
ページを折って、気になることはブログにまとめることにした。

ちなみにこの本で気になった箇所。

■本の選び方
・目的を明確にする(何のために読むか)
・自分にとって読みやすい本を選ぶ(小難しい本を読む必要はない)
・教養型よりは経験型を選べ(実践ノウハウ本を選ぶ)
・身近なテーマを選ぶ(興味がないと長続きしない)
・テーマ、トレンド、直感で選ぶ(僕の場合、直感が多い)
・同じジャンルの本を読む(10冊読めば真理が見えてくる)

■本の選ぶのに役に立つメルマガ
毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン
ビジネス選書&サマリー★プロ厳選!30秒で読んだフリ
webook of the day
後悔しないための読書【ビジネス書の本格的書評】

■習慣に合わせて読む

■本のストックは切らすな。
ストックがたくさんあれば、気分によって本を選べる。

といった具合でしょうか。
このブログでは、書評というよりも、
私のレバレッジメモ(読んだ本で気になる箇所のメモ)的に
使う感じにしていこうかと思います。

tag: 書評

date:2008年02月09日 03:05

iPhoneショック

iphoneshock.jpgiPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり

iPhoneの発売がSoftbankからと信じて、
SoftBankの株を買いましたが、
周りに聞くと、どうもDocomoらしいぞとか、
言われてドキドキしています。
孫さんがんばれ。

ということで、iphoneショックを読みました。
なぜ技術力では優れている日本のメーカーがiPhoneを作れなかったのか?
そんなapple流のものづくりにフォーカスした本。

デザイナーという仕事柄Macには古くから愛着があるが、
やはりMacにはなにか魅力がある。

機能的にはWindowsの方がいいのでは?と思うが、
やはりMacを使い続けてしまうのには、やはりMacの
ブランディング戦略にあるのでしょうか。

そんなAppleのブランディングとは?
1)世に知らせるサプライズ作戦
2)CMやWebサイトでの情報提供
3)店舗戦略
4)パッケージやアクセサリーなどの購入体験
5)実際の使用感
6)製品サポート
とあった。

中でもやはりWebデザイナーとして気になったのは、
2)CMやWebサイトでの情報提供
の部分。

テレビCMで関心を集め、Webサイトで詳細動画で詳しく伝える。
広告代理店主導では、テレビCMとWebサイトのイメージの共有が
できていないため、上記のような効果は得られない。(日本では)

最近は日本でもWebと連動したCMがよくあるが、
Macほどシンプルでわかりやすいものは
やはり少ないと思う。

また、appleのデザインは、
「足し算ではなく、引き算のデザイン。」
日本でそんなデザインができるような環境に
なるためには、やはり難しいのかなと感じてしまうが、
心のどこかにこのフレーズを置いて仕事をしていきたいと
感じました。

tag: applebookmac書評

date:2008年02月09日 01:58

セルフモチベート

いろいろな人を見ていると自ら高い目標を持って、
ひたすらがんばれる人と、
外部環境から刺激を受けて、モチベーションを高める人、
なにをされても、モチベーションがあがらない人、
に分かれている気がする。

3の人は論外だが、
一般的に優秀な人は、1の人が多いと思う。

ソニーの井深さんかだれかが言ってたことで
本で読んだことがあるのですが、
「本当に優秀な人は、自分で自分のモチベーションを
コントロールできる人だ」
という言葉に納得です。

とはいっても自分もそうですが、
やはり外部環境というのは重要です。

私の場合、本を読むことや、
新しい良いデザインのサイトを見ることで、
ある程度自分で自分のモチベーションを高めることが
できるようになりましたが、
まだまだ自分のモチベーションをコントロールしきれていない
と感じることが多々あります。

いかにして、自分を高められる環境に身を置くか、
また、いかにして自分を高められる環境を構築するか、
そして経営者として、スタッフのモチベーションを
高められる環境を築いてあげられるか。


そんなことを日ごろから考え、実践していけば、
良い会社が作れそうな気がします。

やはりモチベーションの高い人たちと一緒に働くことほど、
楽しいものはないだろうなと。
日々、精進です。

date:2008年02月08日 03:53

「1日30分」を続けなさい! 人生調理の勉強法55

1day30.jpg最近、なぜかひたすら本を読んでいるような気がします。
Amazonや楽天Booksでひたすら目につく本を10冊ほど
まとめ買いして、片っ端から読んでいくというスタイルが
僕には合っているようです。

本は本屋に行かないと買わないという人も多いけれど、
ネットで選んだ方が確実に早いし、効率的な気がします。

とりあえず読んだを順次、紹介していければと思います。
「1日30分」を続けなさい! 人生調理の勉強法55

この手の本は2時間もあれば、読めるので、
時間の空いたときにサッと軽く読めます。

感想は、超合理的な本です。
僕のスタイルに合っているなと思います。

簡単に言うと
1日30分、勉強を続けることは、短期間集中して勉強するよりも
トータルの勉強時間は多くなるよということ。
当たり前のことなんですが、これを知っているのと知らないのでは、
モチベーションが変わってくるのではないかと思います。

いかに効率よく、自分の目標を達成するかを論理立てて、
かなり具体的に説明をしているので、
なんか長く続かないんだよなぁ〜という人は読むと良いと思います。

勉強を習慣化するというのはできそうでできないのですが、
この本を読むと意外とできそうな気がします。

印象的だったのは、忙しい、時間がないという人に限ってテレビを
見ている。テレビを見ている時間を30分減らして、勉強すれば、
毎日30分勉強できますよというくだり。

そんな人がいっぱいいる気がします。
時間がないのは時間をつくらないから。

と思えるようになってくるだけでこの本を読む価値はあるかも。

tag: 書評

date:2008年02月04日 04:51

Yahooとマイクロソフト

マイクロソフトがYahooを買収!?
というニュースにビックリした。

マイクロソフト本気出してますね。
ネット業界もWEB2.0の妄想から抜け出して、寡占化へ突き進むのだろうなと
思っていましたが、こんなに動きが早いと焦ります。

小さいながらもWEB制作会社を営んでいると見逃せないニュース。
対Googleには、Yahooを買い取ることしかなかったということでしょうか。

ただ、Googleが完全なわけでもないと思うので、
Googleやマイクロソフトを凌駕する企業が出てくると、
少し停滞感が漂うネット業界にも、活気がでてくるのかなと思います。

つか、446億ドルって。。。日本円で四兆円いっちゃいますね。。。

塗り変わるか、検索の業界地図--マイクロソフトがヤフーに買収提案

マイクロソフト、米ヤフーに総額446億ドルの買収提案

マイクロソフトがYahoo!に買収提案、総額446億ドル

date:2008年02月04日 04:38