setIntervalの使い方

いろいろ勉強しているんですが、
なかなかあたまに入らないです。
とりあえずひとつひとつ学習していきます。

今日はsetIntervalの復習から。
1000ミリ秒単位で数字に1を足して書き出し。
数字が10になったら、処理を削除。

var testnum:Number = 0;
createTextField("testtxt", 1, 10, 10, 200, 200);
//testという関数を1000ミリ毎に呼び出し
IntervalID = setInterval(test, 1000);

//呼び出す関数
function test() {
    testnum++;
    _root.testtxt.text = testnum;
    //testnumが10以上になったらsetintervalを削除
    if (testnum>9) {
        clearInterval(IntervalID);
    }
}
サンプル flaファイル

tag: actionscript

date:2007年05月26日 09:51 | COMMENT (2)

Comment (2)

くむ :

サンプルコード助かりました!
ありがとうございました。

phas :

いえいえ、たいしたことないコードで申し訳ないです。
もっと勉強になるコードがかけるようがんばります!

Comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、
コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)