fusekitの練習2:コールバック関数の使い方

なんか順序がバラバラですが、メモ。 これは便利。
コールバック関数を使えば、
FuseKitのShortcuts クラスの前後や実行中に、
いろいろと処理ができる。


var photo:MovieClip;
//------------------------------------------------
//fusekitの読み込み
//------------------------------------------------
import com.mosesSupposes.fuse.*;
ZigoEngine.simpleSetup(Shortcuts, PennerEasing);


//fuseのコールバック関数の使い方
//最初に実行 startfunc:関数,startargs:引数
//実行中に実行 updfunc:関数,updargs:引数
//実行後に実行 func:関数,args:引数

_root.photo.slideTo("200"null, 2, "easeInOutQuint", 0, {startfunc:nowstateText,startargs:"移動スタート",updfunc:nowstateText,updargs:"移動中",func:nowstateText, args:"移動完了"});

//------------------------------------------------
//コールバック用
//------------------------------------------------
function nowstateText(st:String) {
    _root.nowstate.text="現在は"+st;
}


SAMPLE
fla source

tag: actionscriptfusekit

date:2007年05月23日 08:40